ガチクズゴミ人間のブログ

綴りたいことを綴る日記、乃木坂のイベント事を主に取り上げます

東京に憧れた人間が1年4ヶ月ぶりに地元に帰省してみて

 

はい、無事帰宅しました。

 

時間は限られていましたが、1年4ヶ月ぶりに会った両親、祖父母は白髪の数は増えても、中身は何も変わっていませんでした。

 

友人も友人で元気そうで、会えて本当によかったです。多少変わったところがあっても、彼らは彼ら。本質とか軸はブレずにいてくれてよかった。

 

 

ただ、周囲の環境はだいぶ変化していたように思います。

 

親から聞いた小中の同級生の家が取り壊されたコト、中学の部活の同級生のニート化、東京へ上京した中学の同級生のコトなど。

 

直接自分の目で見たものでは荒れ地、耕作放棄地の増加や更地化した土地の増加などが挙げられます。

 

 

衰退が余儀なくされているこの街の現状を、1年4ヶ月ぶりに見ると、単純に"哀しい"とか"人口が減少しているんだから仕方ない"とか理屈ではわかっていても、中々現実を直視することは出来ません。

 

 

人口が2万人いたあの時代、消滅可能性都市という概念すらも無かったあの時代、無邪気にはしゃいでいたあの時代。

 

 

 

戻りたくても戻れるわけがない。

 

 

 

この1年4ヶ月の中でも特に最近、目まぐるしく周りの全てが変わってしまって、もう取り戻せないこと、今望んでも手に入れられなくなったものが山ほどあります。祖父との酒飲みから一夜経ち、二日酔いから冷めた最中にその事実が雪崩をうって迫って来て、追い詰められるような気持ちで新宿行きのバスへと乗り込みました。

 

私は山形が大好きです。周りの人はいつ帰って来ても野暮なことは聞かず、暖かく迎えてくれる。あっちで起こった嫌な事、辛い事も山形にいると全て忘れることが出来そうです。

 

 

でも、同時に過去のダメな自分まで全て受け入れられている気がして、むず痒くなって、耐えられなくなって、最後は逃げるような気持ちで東京に戻る、そんな気がします。

 

 

 

ずっと私は地元に対する複雑な感情を説明しきれずにいます。未だに、手放しで愛郷心を持てる人間を完全に理解する事はできないし、一時は嫌悪感すら覚えていました。

 

1年4ヶ月間異郷に住んでようやく自分の感情を理解できるようになった気がします。

 

 

 

 

手放しの愛郷心を持っていること自体は間違いでも何でもないが、山形にいるともう取り戻せないことや、今望んでも手に入れられなくなってしまったもの、過去の過ちにばかり思索が及んで、段々と精神が崩れていくような感覚を覚えて、追い詰められていく。

 

 

そんな感じです。

 

 

 

いつか、そんな複雑なものも諦めがついて、吹っ切れることを願っていますが、これからますます関東という都市圏で(地元に住んでいる人間からは想像もつかないような)激しい競争社会の中で生きていくことが宿命付けられている以上、これにはとても長い時間がかかるでしょう。

 

 

 

一生かかっても無理かもしれない。

 

 

 

 

ですが、何度も繰り返しますが私は山形が大好きです。頻繁に帰ってきたいとは思わないし、刻一刻と衰退する街を都市部と対比させて批判的な目で見る事も多々あります。

 

 

ただ、先程も言った通り、一度帰省すれば歓迎してくれる仲間が確かにいること。自分がどう変わって、どう擦れても彼等との関係性の軸は決して変わらないこと。全国に誇れる名産品、観光地があること。それと、メシが美味いこと。

 

これらは今後も変わらないはずです。

 

 f:id:gkgmng3:20170718094939j:image

f:id:gkgmng3:20170718095550j:image

東京の夜景は美しいです。首都高から見える夜景、都庁から見る高層ビル群、23区から外れた所でも、夜中に見る高尾山頂上からの八王子以東の風景は絶景です。デートスポットとしては世界一でしょう。(テキトー

 

 f:id:gkgmng3:20170718100234j:image

東京は厳しい街です。並大抵の人間は生き残れない。毎日満員電車の中で痛勤し、仕事が終わっても狭い東京では気の休まる場所はない。クソみたいな欲望にまみれたクソまみれのクソ人間もクソほどいる。

 

ですが、私はこの街が大好きです。東京を愛し、東京に愛されてると勝手に1人で感じてすらいます。

 

 

明日からまた前を向いて、過去のダメな自分を剥ぎ捨てて、自分自身を研ぎ澄まし、将来への希望を持ちながら関東で生きていけることが、私は素直に嬉しいです。

 

 

 

 

 

 

私はこれまで散々地元をバカにし、コケにするような事を言ってきましたが、それは心の奥底にある"好き"という感情の裏返しでもあります。

 

人間、本当に嫌いなヤツの事はあまり話題にしないものです。

 

事実、中学時代に私を虐めていた奴とはこれからも一切会いたいとは思わないし、視界にも入れたくない。

 

 

ただ、心の片隅にでも"好き"や"愛"という感情があれば、怖いもの見たさでもいつしか手を触れて見て見たくなるものでしょう。

 

 

今回の私の弾丸帰省はその感情から起こったものです。

 

 

(私の高校時代の後輩くんは母校を散々disり、今いる大学にも満足していないようにも見えますが、それも愛の裏返しでしょう。きっと、組織構造や周囲の人の後輩くんへの接し方等どこか一つでも改善されれば手放しで愛を謳うはずです笑)

 

 

今回は、高校時代お世話になった先生方にご挨拶が出来ませんでしたが、次回は必ずリベンジします。

 

 

 それと、今回会えなかった友人達にも是非会いたいですね。

(誰か男子だけのクラス会開いてくれ)

 

 

 

f:id:gkgmng3:20170718095019j:image

 

 

 

多摩動物公園に行ってきたオハナシ (5/4)

f:id:gkgmng3:20170504185055j:image

アカン、、これは食べられん...悲劇の再来や...

 f:id:gkgmng3:20170504190126j:image

アアア...(´;Д;`)

 

f:id:gkgmng3:20170504185451j:imagef:id:gkgmng3:20170504190149j:image

 アワワワワʕ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日はアニメ『けものフレンズ』でサーバルキャットの飼育員【しんざきおにいさん】がいることで有名になり、大きいフレンズたちの間で聖地と化した多摩動物公園に行ってきたので感想をブログに綴りたいと思う。

 

別記事でけもフレの感想を書こうとも思ったが、どうせインテリのフレンズ達の二番煎じになるであろうからやめておく。

 

とにかくまだ見ていないフレンズ達は兄tubeなりで見るべきだ。内容は面白い面白くないじゃなくて、一連のストーリーが本当に綺麗にまとめられているのでアニオタでなくてもハマる。

まどマギの頃もラブライブの頃もミーハーなワシは直ぐに飛びつき、『これは面白い!お前らも絶対見ろ!』と周囲に逆に見たくなくさせるタネを植え付けてしまったが、今回はマジでオヌヌメなので暇な人間は見て欲しい。

 

さて、本題である。5/4 & 5/5は多摩動物公園無料公開日ということで無料厨なワシは当然の如くネタ探しと心の平静を求めにタマズーパークへ赴いた。

 

f:id:gkgmng3:20170504191829j:image

f:id:gkgmng3:20170504191903j:image

f:id:gkgmng3:20170508223432j:image

f:id:gkgmng3:20170508223432j:image

 

いやぁ...凄い混みようであった。

 

園内はオタクはほぼ見受けられず、家族連れとカップルで大賑わいであった。

まぁここでハラスメントを受け続けるのもなんなので早速フレンズ達を見にレッツゴーである。

 

 

f:id:gkgmng3:20170509210637j:image

園内図である。広い、これは広い。ツイで見かけた感想では上野や東武より全然広いらしく全部見るのも一苦労らしい。これは早歩きで見ないとアカンな...

 

以下適当な写真↓

f:id:gkgmng3:20170509210511j:imagef:id:gkgmng3:20170509210935j:imagef:id:gkgmng3:20170509210946j:imagef:id:gkgmng3:20170509210954j:imagef:id:gkgmng3:20170509211011j:imagef:id:gkgmng3:20170509211032j:imagef:id:gkgmng3:20170509211038j:imagef:id:gkgmng3:20170509211049j:imagef:id:gkgmng3:20170509211100j:imagef:id:gkgmng3:20170509211117j:image

 

まぁあまり乗せてもアレだからこんくらいにしとこう。

 

 

メインはもちろんコレや!

 

f:id:gkgmng3:20170512210938j:imagef:id:gkgmng3:20170512210833j:image

f:id:gkgmng3:20170512210925j:image 

あ^〜サーバルちゃん〜

 

檻の周りには思ってたよりもオタクは少なく、カップル家族連れの姿がよく目立っていた。けものフレンズの影響恐るべし

 

 

とまぁ、夕方ごろになって京王線に乗って帰りました。久々に童心に帰った心地がたまらなかったですね。

 

f:id:gkgmng3:20170512211440j:image

 

それではまた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ニコニコ超会議 2017(2日目)に行ってきた感想

えー、皆さんこんばんは

 

今日はニコニコ超会議に行ってきた感想を書き連ねようと思う。

 

さて、先日のニコニコ超会議だが、今年で6回目の開催となった。近年のニコニコは、対抗馬であるYoutubeに押され気味で一気にオワコン化が進み、生主がユーチューバーに転化し始めており、視聴者だけでなくユーザーも離れてしまっているという事態。さらにはプレミアム会員の減少も収支に多大な影響を及ぼしており、何も対策を取らなければますます市場は縮小していくばかりである。このままでは2000年代〜10年代まで日本のネット文化を牽引し発展させてきたニコニコ動画というコンテンツ自体の存続が危ぶまれる。

 

そんな節目の中で迎えた今回の超会議である。ggったところによると超会議自体は第1回目から赤字だったらしいが、ユーザーから掻き集めた金と広告料、協賛企業から得たタイアップ金や投資金で賄えてるっぽい。今年は総来場者数は微増したが、視聴者数は19万人減り505万人となってしまった。来年はどうなることやらである。

 

さて、本題はここからである。

f:id:gkgmng3:20170503075700j:image f:id:gkgmng3:20170503075647j:image

ここら辺は省略、ワシは最近はアイドルオタクと化してしまったのでこういったイベント会場はもう見慣れてしまった。

 

f:id:gkgmng3:20170503080230j:image f:id:gkgmng3:20170503080239j:image f:id:gkgmng3:20170503080247j:image

まず最初に見て回ったのが鉄道のメトロブースである。ここでは普段絶対に買えないような廃車となった車両の部品を販売していた。今年の3月に廃車となった都営地下鉄銀座線から拝受したものだそうで。1枚目のパネルの値段は1万円、、高い、、、もし3000円くらいだったら勢いで買っていたかもしれないな...。だってクッソカッコいいじゃない?(つり革くらいは買っても良かった希ガス)

 

 f:id:gkgmng3:20170503083034j:imagef:id:gkgmng3:20170503231222j:image

 続いて、今話題のけものフレンズのさばんなちほーブース。大学の友人にこの写真を見せたところドン引きされてしまった()

 

f:id:gkgmng3:20170504105211j:imagef:id:gkgmng3:20170504105252j:imagef:id:gkgmng3:20170504105336j:imagef:id:gkgmng3:20170504105520j:image

続いて、3月のライオン×天童市のコラボブース、売るモンもっと他にあんだろって感じだ。

f:id:gkgmng3:20170504105521j:image

あとは、一般人と名人の対局コーナーも。

 

f:id:gkgmng3:20170503075744j:image f:id:gkgmng3:20170503075758j:image

ポケモンゲーム実況者最強決定戦

結果的に無名実況者のサントスが優勝してしまったが、ヤレユータンを駆使したプレイングが冴え渡っており、ライバロリやペリカンが敗戦した後も居残って観戦を続けたオタクからは歓声が上がっていた。

f:id:gkgmng3:20170504110749j:imagef:id:gkgmng3:20170504110532j:image

最後に俺的メインのメイン、大相撲超会議場所バッテリー残量がアレだったので写真は撮れなかったが目で日馬富士の勇姿を焼き付けた。立派でした。

 

レイヤーの方々、

f:id:gkgmng3:20170503081603j:image

あ^〜スイレンちゃん〜

f:id:gkgmng3:20170508223554j:image

最新話の放送で見事復活を遂げた社長

 

f:id:gkgmng3:20170503081930j:image

f:id:gkgmng3:20170503081938j:image

f:id:gkgmng3:20170503081955j:image

この方々以外にもトキさん、ライオンちゃん、セルリアンがおりましたがコミュ障なのと場所が確保できなかったのとで撮影のお願いができませんでしたトホホ...

 

f:id:gkgmng3:20170503082736j:image

この方々はブースのさばんなちほーで撮影してたが、ブースの横からの撮影は禁じられていたのでこんな何もないところで撮影のお願いをした。いやぁ、このコンビはいいっすね^〜...

 

 (あとがき)

俺は高1のポケモンXYにハマったあたりからニコ動でポケモン対戦実況動画を好んで一日中見ることもあったほどのニコ厨で『あった』からかつて2013〜2014年辺りのニコ動の栄えっぷりを思い出すと今の転落っぷりはまぁ哀しくなってくる。(それ以前の方がよっぽど栄えていたそうだが) 

 

それでも⬇︎のイノセント元都知事が語るようにf:id:gkgmng3:20170508224348j:image

超会議自体は東京五輪まで続くイベントにさせるようなのでドワンゴも立て直しを図ってもらいたい。自分も来年また来れるようであれば参加したい。こういったガヤガヤワイワイ系のイベントは往往にして満足度が高いものである。(<del>正直全体的な満足感で言えばアイドルの立ちっぱなしライブよりもこっちの方が満足度が高いな...</del>)

 

それではまた

 

 

 

 

 

 

 

飛田巡りを振り返る

大阪から帰ってきて約1週間、

帰宅直後は疲れとストレスで屍のようになって過ごし、かなり悪化した風邪(多分結核に近いもの)と闘っていた。前述の結核に近いものというのは、大阪の超貧困地区、あいりん地区に行って感染したからであろうと思う。このあいりん地区、筆者もとある本を読むまでは実態がよくわからなかった。しかし、本を読んでみると『日本一の貧困地区』とか『日雇い労働者、ホームレスの住むスラム街』とか散々な謳い文句で本当か?と思って実際に現地に行ったんだが、確かに本当であった。

 

f:id:gkgmng3:20170401211800j:imagef:id:gkgmng3:20170401211809j:imagef:id:gkgmng3:20170401211840j:image

↓超激安スーパー玉出生活保護受給者らしき人がうじゃうじゃおった

f:id:gkgmng3:20170401211603j:imagef:id:gkgmng3:20170401211655j:image

 

まぁ前置きはこんなところにして、そのあいりん地区がある大阪市西成区、実は日本一の売春地 飛田新地も抱えている。この飛田新地といえば、筆者は元大阪府知事橋下徹とチョン人嫌いの政治活動家 桜井誠の応酬に出てくる単語としてよく連想される。 

 

↓マジで面白いんで見てくれ

【マスコミ】激しくスッキリする風景【ざまぁ】 #sm24736947 http://nico.ms/sm24736947 

 

えー、さっきから話が脱線しまくりだがここで元に戻そう。飛田の素晴らしさを筆者が伝えるf:id:gkgmng3:20170401212704j:imagef:id:gkgmng3:20170401212711j:imagef:id:gkgmng3:20170401212628j:imagef:id:gkgmng3:20170401212724j:image

 

深くは突っ込まないで欲しいが、こういう写真があるということはそういうことだ。察してくれ。画像では20分16000円となっているが、実は15分11000円からでもできる。筆者はこのことを知らなかった為同じ道を何度も行ったり来たりして貴重な体力をすり減らしていた。あの時の自分を殴りたい。

 

飛田のシステムは簡単に言うとこう。

女『お客さん寄ってって〜』

男『お邪魔します〜』

女『あら、かっこいい!恋しちゃった!挿れて〜ッ!!』

 

看板は料亭、しかし実際は料亭という文字を被った売春ホテルである。食べ物という食べ物は↑のお菓子しか出てこない。

 

プレイのことはあまり自分からは言いたくないのでツイッターでも言及しなかったがここでも言及しない。ただ、気持ち良かったとだけは言っておく。※一応メインの3つの体位は経験した

 

レポのような自慢のようなよくわからんブログになってしまったが、マジで顔のレベルだけは一級品の女がシコタマおるんで大阪行った際は是非飛田へ行くことをオヌヌメする。

 

f:id:gkgmng3:20170401213724g:image

※因みに筆者が行ったのは桜木町会の青春通りと山吹町会のメイン通りだけである。間違っても妖怪通りに行ってはいけない。その名の通りBBAがうじゃうじゃいるようだ。

 

それではこのへんで