ガチクズゴミ人間のブログ

現在就職活動を行なっている大学3年生です

早稲田・慶應・一橋に圧倒された話

昨日今日と、とあるインターンシップに参加した。

 

 

俺にとって、元々志望度が高い職種であり、事業内容も非常に社会貢献性が高い。加えて平均年収も全く悪くない (20代後半で年収600万、30代前半で年収800万、その後30代後半になって課長クラスになると年収1200万を超える)。福利厚生もかなり充実している。

 

 

インターンに参加する為には、一次選考の適性検査と二次選考のグループディスカッションを突破する必要があった。

 

 

 

倍率は国立大学の平均的な倍率よりも更に高いくらいだった(あえて濁してます)。

 

 

 

参加者は俺のような地方国公立大生は本当にごく僅か。

 

 

早稲田、慶應、一橋が過半数を占めていた。

(全体の前で自己紹介の時間があったから判明した事)

 

 

 

 

何を行ったか、詳しく言及することは出来ないが、彼等のレベルについて行くだけで俺は必死だった。

 

 

 

 

 

 

言葉の言い回し、豊富な語彙、身振り手振り、いかにも知的な喋り方、、、彼等の前で俺は呆然と椅子に座るだけで終わってしまった。

 

 

 

 

 

以前にもこんな事があった。

 

 

有名大の大学院生2名と俺でGWを行なったインターン、俺は彼等の知能レベルに全くついて行く事ができず、その後の本選考に呼ばれる事すらも無かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜ俺がこの場所にいるのか...

 

 

 

 

 

 

完全な場違い感、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

完全なデジャヴだった。

 

 

 

 

 

圧倒的な能力差、

 

 

 

 

 

 

大海に繰り出して分かった自分の市場価値、

 

 

 

 

 

インターンシップ選考に通っただけで慢心したわけでもないし、それ相応の対策もとってきた。でもできなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

社員の方は、入社1年目は死ぬ思いで仕事をしていたと語っていた。

 

 

 

彼等は皆自分の仕事に責任と誇りを持っているように見えた。

 

 

 

 

 

 

早慶一橋のようにできる人間を直に見てしまった事で、新卒で入社しても俺は彼等の劣化として生きることは明白だ。

 

 

 

 

『鶏口牛後』

 

この四字熟語を見ても自分がどちらの生き方で生きていきたいかはまだ定まっていない。

 

 

言いたい事がよくまとまらない、言語化出来ない。

 

 

なんなんでしょうね、無力感でいっぱいだ...

東京との格差を感じる所以

 

都内で就職活動をしていると、地方にいる大学生の存在がまるで無かったかのように、ぞんざいに扱われていると感じることが多い。

 

 

例えば、インターンシップや説明会

 

これらは全て東京中心で話が進んでいる。

 

 

 

俺の地元がある東北地方の核となる政令指定都市、仙台でもそれらのイベントが開催されることは一部の大企業でない限り非常に稀だ。

 

自分自身、関東にいるとは言えど、北関東のイチ地方都市に過ぎないため、情報やコネは自分で掴みに行くしか無い。

 

大学を編入学で変えてきた自分は、出生地も含めるとこれまで3つの地域に居住した経験があるわけだが、どれも情報の面では東京在住者に比べたら歯が立たないと感じている。

 

これらの経験が積み重なったためか、地方民の気持ちは痛いほど理解出来る。

 

 

 

広く言われていることだが、地方の公立高校では、東京の有名私立大学に合格できるような生徒でも地元の国立大学への進学を勧める先生が多いと。

 

実体験からこの言説は明らかだし、ネットでもこういった声は聞かれる。

 

 

もちろん、学費や生活費の面では私立大学に比べたらかなりの安上がりになる。

 

 

しかし、就職を考えた際には状況は一転する。

 

 

交通費や移動時間、宿泊費、様々なコストが積み重なり、地方の大学生は就職活動が制限される事態に陥る。

 

 

地元の国立大学(センター試験で7割取らなきゃ入れないような大学)に進学した生徒でも、指定校推薦や内部進学で入ったニッコマのボンボンみたいな輩に最終的には追い抜かされてしまうといった事態は往々にして起こり得る。

 

 

 

 

これは由々しき事態である。

 

 

 

 

 

 

と、このような事を高校3年時の秋季を過ぎた時期からしかと認識し始めた俺は、当時の学力では受かるはずもないのに東京からほど近い所謂"5S"と呼ばれる大学郡の一角に合格する事を夢見て勉強を進めていた。

 

 

 

 

結果は惨敗

 

 

 

 

"5S"はおろか、地元の国立大学にも受からないような目も当てられない不名誉な結果を残してしまった。

 

 

 

その後、とある教育機関(わざと言葉を濁しています)で修練を積み、北関東の大学へ編入学した。

 

 

 

この時、片時も頭を離さなかったのが親戚の存在である。

 

 

 

俺と同じ学年の子(通称Aと呼ぶ)を持つ俺の父親の姉は、俺とAが受験期に入ると、祖父母にはひっそりと早慶上を狙っていると話していたという。

 

 

 

 

金がないから国公立を目指している自分とは違う、

 

 

やはり都心に住む人間には何も敵わないのか、こうやって都市と地方の格差は進んでいくのか...

 

 

 

そう感じていた。

 

 

その後、Aは早慶上に落ちてMARCHの一角に進学

 

 

将来の進路はまだ決められず、悩んでいると、先日そう祖父から聞いた。

 

 

 

 

なにも就活で親戚と張り合っているわけではないし、相手はこっちを目にも留めていないだろう。

 

 

 

 

 

幼い頃から海外旅行に行ったり、ハイエースでゲレンデやBBQに行ったり...、家族関係が破綻していた俺の家庭ではこんな経験はまず出来なかった。

 

 

 

 

ただ、自分もこんな親戚のような生活を送りたい。

 

そう思えるきっかけをくれたのは紛れもなく親戚の存在があったからだ。

 

 

これまでは、都市部の人間が抱える明るい華やかな側面と、地方の人間が抱える暗い鬱屈とした側面を、親戚家族一同と俺の家族一同に照らし合わせて考えることが多かった。

 

 

 

 

次は俺も...

 

 

 

 

そんな這い上がり精神を持って就活に臨む本年にしたい。

コレで良かったのか

 

遡れば昨年の初夏頃になる。

 

"この大学にはこんな珍しい学科があるのか...!!"

 

ソルジャー精神が擽られた。

 

そこが選択のミスであったかもしれない。

 

 

 

センター試験で大コケし、大学受験も散々な結果ではあったが、幸い北海道の方にある公立大学南関東にある某教育機関に合格を頂いていた自分は、"絶対に東日本の国公立大学編入するから!"との謳い文句で周囲の反対を押し切り、南関東の某教育機関に進学した。

 

 

かねてから憧れていたような大学生活ではなく、燻ったようなクソみたいな大学生活ではあったが、それでも同じく志を共にする編入仲間はいたし、概ね満足していた面もあった。

 

 

そもそも、自分は東北の盆地にあるクソ田舎出身で抑圧された家庭に生まれてきたため、県外に出ることが出来ただけでも相当な満足感はあった。

 

 

加えて関東圏。憧れた大学生活は送れなかったが、自尊心も肯定感も低かった自分には勿体なさすぎるとも感じていた。

 

 

そんな生活も今年の2月には終わりを迎え、あれよあれよと入学式や同じ学科の人達との顔合わせも終わり来週からはゼミも始まる。

 

 

同じ学科の編入生が誰もおらず(合格者はもう一人いたが入学手続きはしなかったようだ)、単位の取得にも忙しい。あらかじめ分かっていた事ではある。文句を垂れてもどうにもならない。

 

 

ただ、教育機関編入仲間の多くは、ウチの教育機関からだと割とメジャーな所(編入生を多数受け入れる大学)へ編入している為、俺もそこを受験すれば良かったのではないか、どうせ同じくらい苦しむなら初夏頃にいただいた合格に満足せず、もっと上の大学を狙えば良かったのではないか、

 

 

考えてもキリはない。

 

 

弊学は元々在籍していた教育機関のレベルからすると、まあまあ褒められるくらいのレベルの大学ではある。合格を頂き、入学するまではそういった不安を僅かな自尊心で打ち消していたが、内部生とのレベルの差を目の当たりにすると、教育機関在籍時とは違う劣等感が襲ってくる。

 

 

単位、今後のキャリア、人間関係

主にこの3つが悩みのタネだ。

 

 

きっと考えても答えは出ない。

 

東京に憧れた人間が1年4ヶ月ぶりに地元に帰省してみて

 

はい、無事帰宅しました。

 

時間は限られていましたが、1年4ヶ月ぶりに会った両親、祖父母は白髪の数は増えても、中身は何も変わっていませんでした。

 

友人も友人で元気そうで、会えて本当によかったです。多少変わったところがあっても、彼らは彼ら。本質とか軸はブレずにいてくれてよかった。

 

 

ただ、周囲の環境はだいぶ変化していたように思います。

 

親から聞いた小中の同級生の家が取り壊されたコト、中学の部活の同級生のニート化、東京へ上京した中学の同級生のコトなど。

 

直接自分の目で見たものでは荒れ地、耕作放棄地の増加や更地化した土地の増加などが挙げられます。

 

 

衰退が余儀なくされているこの街の現状を、1年4ヶ月ぶりに見ると、単純に"哀しい"とか"人口が減少しているんだから仕方ない"とか理屈ではわかっていても、中々現実を直視することは出来ません。

 

 

人口が2万人いたあの時代、消滅可能性都市という概念すらも無かったあの時代、無邪気にはしゃいでいたあの時代。

 

 

 

戻りたくても戻れるわけがない。

 

 

 

この1年4ヶ月の中でも特に最近、目まぐるしく周りの全てが変わってしまって、もう取り戻せないこと、今望んでも手に入れられなくなったものが山ほどあります。祖父との酒飲みから一夜経ち、二日酔いから冷めた最中にその事実が雪崩をうって迫って来て、追い詰められるような気持ちで新宿行きのバスへと乗り込みました。

 

私は東北が大好きです。周りの人はいつ帰って来ても野暮なことは聞かず、暖かく迎えてくれる。あっちで起こった嫌な事、辛い事も東北にいると全て忘れることが出来そうです。

 

 

でも、同時に過去のダメな自分まで全て受け入れられている気がして、むず痒くなって、耐えられなくなって、最後は逃げるような気持ちで東京に戻る、そんな気がします。

 

 

 

ずっと私は地元に対する複雑な感情を説明しきれずにいます。未だに、手放しで愛郷心を持てる人間を完全に理解する事はできないし、一時は嫌悪感すら覚えていました。

 

1年4ヶ月間異郷に住んでようやく自分の感情を理解できるようになった気がします。

 

 

 

 

手放しの愛郷心を持っていること自体は間違いでも何でもないが、東北にいるともう取り戻せないことや、今望んでも手に入れられなくなってしまったもの、過去の過ちにばかり思索が及んで、段々と精神が崩れていくような感覚を覚えて、追い詰められていく。

 

 

そんな感じです。

 

 

 

いつか、そんな複雑なものも諦めがついて、吹っ切れることを願っていますが、これからますます関東という都市圏で(地元に住んでいる人間からは想像もつかないような)激しい競争社会の中で生きていくことが宿命付けられている以上、これにはとても長い時間がかかるでしょう。

 

 

 

一生かかっても無理かもしれない。

 

 

 

 

ですが、何度も繰り返しますが私は東北が大好きです。頻繁に帰ってきたいとは思わないし、刻一刻と衰退する街を都市部と対比させて批判的な目で見る事も多々あります。

 

 

ただ、先程も言った通り、一度帰省すれば歓迎してくれる仲間が確かにいること。自分がどう変わって、どう擦れても彼等との関係性の軸は決して変わらないこと。全国に誇れる名産品、観光地があること。それと、メシが美味いこと。

 

これらは今後も変わらないはずです。

 

 f:id:gkgmng3:20170718094939j:image

f:id:gkgmng3:20170718095550j:image

東京の夜景は美しいです。首都高から見える夜景、都庁から見る高層ビル群、23区から外れた所でも、夜中に見る高尾山頂上からの八王子以東の風景は絶景です。デートスポットとしては世界一でしょう。(テキトー

 

 f:id:gkgmng3:20170718100234j:image

東京は厳しい街です。並大抵の人間は生き残れない。毎日満員電車の中で痛勤し、仕事が終わっても狭い東京では気の休まる場所はない。クソみたいな欲望にまみれたクソまみれのクソ人間もクソほどいる。

 

ですが、私はこの街が大好きです。東京を愛し、東京に愛されてると勝手に1人で感じてすらいます。

 

 

明日からまた前を向いて、過去のダメな自分を剥ぎ捨てて、自分自身を研ぎ澄まし、将来への希望を持ちながら関東で生きていけることが、私は素直に嬉しいです。

 

 

 

 

 

 

私はこれまで散々地元をバカにし、コケにするような事を言ってきましたが、それは心の奥底にある"好き"という感情の裏返しでもあります。

 

人間、本当に嫌いなヤツの事はあまり話題にしないものです。

 

事実、中学時代に私を虐めていた奴とはこれからも一切会いたいとは思わないし、視界にも入れたくない。

 

 

ただ、心の片隅にでも"好き"や"愛"という感情があれば、怖いもの見たさでもいつしか手を触れて見て見たくなるものでしょう。

 

 

今回の私の弾丸帰省はその感情から起こったものです。

 

 

(私の高校時代の後輩くんは母校を散々disり、今いる大学にも満足していないようにも見えますが、それも愛の裏返しでしょう。きっと、組織構造や周囲の人の後輩くんへの接し方等どこか一つでも改善されれば手放しで愛を謳うはずです笑)

 

 

今回は、高校時代お世話になった先生方にご挨拶が出来ませんでしたが、次回は必ずリベンジします。

 

 

 それと、今回会えなかった友人達にも是非会いたいですね。

(誰か男子だけのクラス会開いてくれ)

 

 

 

f:id:gkgmng3:20170718095019j:image